FC2ブログ

恥じらうガンジーJAPAN

作家「葉原鉄」の日々とお仕事

2017/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
我が家はオタク三人の共同生活において成り立っている。
当然ながら漫画やアニメ、ゲームが大好きな人間ばかりなのだが、
趣味のズレというものも当然ながら存在する。
具体的に言うと、

●現在プレイしているゲーム
俺:モンスターハンターP2G
忌:無限のフロンティア(そもそもPSP持ってない)
餅:無限のフロンティア(そもそもPSP持ってない)

オマエらそんなにオッパイが好きなのか。
おまえらそんなに揺れる柔肉が好きなのか。
俺は正直、未プレイながら錫華姫が気になってます。
「このロリコン野郎」
となじられましたが、ちょっと待ってください。
そう言われるまでロリキャラということに気付いてすらいなかったのですよ俺は。
角と姫口調とヘソ踊りに惹かれたんであって、
それなりのお年頃のスレンダーな女性だとばかり思っとったんです。
俺がロリっつったらそりゃあもっと後ろ指を指されるような
(近ごろ色々と恐いので省略)
で中身は俺よりも年上の女性が良いのだと何度言わせるつもりなんだ。

モンハンで例えるならネコートさん。
ちっちゃくて年寄り臭くてエロい。
一度はオトモにして狩りに連れていきたい。
きっと生唾飲むほど巧みな口遣いで角笛を吹いてくれるに違いねぇぜ。
それが叶わぬ願いだと言うのなら、
そこらへんを歩いてるロリババアと一緒にモンハンをプレイしたい。

「さて、赤フル狩りと参りますか」
「む、おちんぽじゃ! 真っ赤に充血したおちんぽがのしのし歩いとるぞえ!」
「そうっすね、ちんぽですよね。あ、振り向いた時は発電しないから、わりと攻撃チャンスですよ」
「で、できぬ……こんなにもたくましくそそり立ったおちんぽを無下に扱うことなど、わしには……」
「あ、咆哮きた」
「ぬほぉっ! おちんぽが叫びおった! しかも高周波っぽいのじゃ!」
「弓で来るなら耳栓ぐらい持ってこいよババア! コンボ食らって乙ってるじゃないっすか!」
「この咆哮、子宮で受けたらきっと物凄い愉悦に潮を吹きまくりであろうな……じゅるり」
「PSPにヨダレ垂らすなよババア」
「わしは決めた! この歩く赤おちんぽを探しに雪山へゆくぞ! さらばじゃ!」
「うわぁ、現実には存在しない怪物に現実には存在しないロリババアを寝取られたぁ」

勃起してきたので今日の日記はこれまで。
要はですね、こういう妄想を挟んでいかないと、
モンハンのソロプレイはちょっぴり寂しくて海綿体が枯れ果てそうになるという話題でした。
ようやくG級入りしたけど一人じゃやっぱり火力が不安……
スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ogiso.blog107.fc2.com/tb.php/56-62fc6319
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。